ハイヤーのドライバーに求められることと利用場面

ハイヤーを運転するドライバーはその仕事柄、運転技術や上質な接客の力が求められます。利用する人も、仕事上で重要な役割を担うエリートであることが多いため、行動や言動に気を遣えることは、ハイヤーのドライバーに必要な大事な要素です。そのため、ハイヤーの会社では色々な教育体制を整えています。最初はしっかりとした研修期間が設けられていて、ベテランドライバーや担当の教官からさまざまなことを教えてもらい、技術を習得します。

ハイヤーのドライバーは、普通自動車免許とあわせて二種免許が必要です。入社してから二種免許を習得できる会社もあり、資格取得と技術訓練を一緒に行うことも可能なところが多くあります。その技術内容には、ホスピタリティや周辺の地理知識、運転のスキルといったものが含まれています。高級な車を、ゆとりを持って運転する技術はもちろんのこと、接客のスキルも欠かせません。乗客が何を求めているかを理解することも大切ですし、マナーを身につけなければなりません。格や質を重要とする場面で利用されることが多々あり、会場となるホテルや場所に応じて、利用者に失礼のない振る舞いが求められたり、ドアサービスや迎車の際には、先を見込んだ動きをすることが要求されます。

たくさんのことを習得してからドライバーとして運転を行うのですが、ハイヤーが使われる場面も色々です。企業の専属ドライバーとして、専用の車両と一緒に派遣される場合や、日ごとに異なる予約のお客様に対応するような業務もあります。利用者の希望に合わせて、長期間や短期間など期間は異なります。通勤などの決められたルートでの移動や、接待での送迎を行ったりすることもあります。専属で運転をするときには、信頼関係や安全性とともに、乗客をもてなす気持ちと要望に応える力が必要です。

また、より細やかなサービスができるという点から、ハイヤーのドライバーには女性も増えています。たとえば女性客が利用する場合、運転手が女性であることで安心できるケースもあり、接客に物腰の柔らかさなどがプラスされるというメリットもあります。

ハイヤーのドライバーが利用者をもてなす気持ちが求められる場面としては、観光シーンなども挙げられます。近年は、外国からの観光客が増加しているという社会情勢に合わせて、海外の客向けの観光ハイヤー利用も人気です。都内だけに限らず、多くの地域で採用されているもので、英語や中国語などで会話ができるドライバーに依頼することで、限られた時間で有意義な観光を可能にしています。