ハイヤーの色々な魅力について

ハイヤー利用で特別な日にVIP気分を 一般的な移動手段として利用されるタクシーとハイヤーは似ている部分があるため混同されがちですが、両者には様々な違いが存在します。前者は乗車して目的地まで移動するために利用される交通機関で、都市部などを中心にさまざまな地域で幅広く利用されています。電車やバスなどと比較すると運賃が高額ですが、目的地までピンポイントで運んでくれるというメリットがあります。街中でタクシーに乗りたい場合は、空車のプレートを出して走っている車両を見つけて手を挙げると、運転手が確認して止まってくれるので、どこからでも乗車できて便利です。

一方のハイヤーは、個別の輸送機関なので高級車両できめ細かなサービスが受けられます。格式が重視されるような場合に利用されることが多く、基本的に完全予約制とされています。そのため、乗りたい時にすぐに利用できるものではないです。地方によってはタクシーのことをハイヤーと呼ぶ場合もありますが、基本的にはサービス内容も異なっています。

ハイヤーは、特に役員の移動手段や官公庁への訪問、特別な顧客の送迎などが主な利用目的とされています。複数ある会社や支店をまわる移動手段のほか、ゴルフの接待や法事などで利用されるケースも多く見られます。官公庁や上場企業などでは、ドライバーの指名をして配車情報の事前確認が厳格に行われることもあります。

ハイヤーは時間での貸し切り制なので、タクシーのようなメーターは備わっていないことが多いです。併せて予約制なので、タクシーのように街中を流していることはなく、車両も黒塗りがほとんどです。街中を流して利用者を見つけるスタイルだと、車両に社名表示灯を取り付けて目立たせる必要があります。決められた場所に向かい、決まった利用者を乗せるハイヤーは社名を車両に掲載しないことがほとんどです。

料金は事前に打ち合わせや見積もりで確認することが可能です。どのようなルートで目的地まで移動するか、どこに立ち寄るのか、などの細かな相談が事前にできるので、当日に慌てなくても済みます。多少の融通は利きますし、ドライバーもフレキシブルな対応をしてくれるのがメリットです。

ハイヤーは、英語のHireが起源とされていて、雇用という意味があります。契約をすると車両と運転手を雇ったということを意味する和製英語です。一時的に利用するタクシーと異なり、車両が車庫を出発してから戻るまでの料金設定となっていて、その間も時間に含まれます。一般で利用するには頻繁には難しいでしょうが、対応の面で長けていたり、車両のグレードの高さや設備の整った車内で過ごせる点から、特別な待遇で客人などをもてなしたい場合などに最適な移動手段です。

タクシーと比較すると料金は高くなることが多いですが、充実したサービスを受けられます。その快適さも、単に移動手段として利用されるタクシーとは大きく異なる点です。ビジネスで多く利用される目的以外に、観光を目的として契約する人も多く見られます。ドライバーが様々な名所や役立つ情報を教えてくれるので、1日に多くの観光地を訪れたいような場合などに利用してみるとよいでしょう。ハイヤーの会社でも注力しているサービスで、独自の観光プランを設定して売り出していて、都内だけでなく地方でも取り入れられています。

英語や中国語などの会話が可能なドライバーも増加していて、観光に訪れる外国人向けのサービスも充実しているのが魅力的です。観光案内の資格を持っていたりするドライバーが乗車するハイヤー会社であれば、観光地の面白い情報が得られるなど、利用するメリットが増えるでしょう。そういったサービス面も含めて、普段とは違った利用方法で充実したサービスが受けられるので、大きな満足感を得ることができます。

最新ニュース